ルネスタジェネリックの通販を利用するのは問題ないのか

問題ないことが分かった女性処方箋が必要になる医薬品は、売買することはできません。

そのため、基本的には通販での売買も違法となってしまいます。しかし、ルネスタジェネリックは医薬品であるのに通販で手に入れることができます。

 

では、なぜルネスタジェネリックの通販は問題ないのでしょうか?

 

実はこのルネスタジェネリックの通販は通販ではありません。

この通販は個人輸入と呼ばれるものを代行してくれるサービスになっています。

個人輸入というのは、個人が海外から輸入を行うことでこの個人輸入自体は法律で禁止されているといったこともありません。

ただし、医薬品の中には個人であっても海外から輸入できない医薬品もあるためその点には注意が必要です。

 

ルネスタジェネリックを手に入れられる個人輸入とその代行というサービス

ルネスタジェネリックを通販で手に入れるというのは、実際には個人輸入を代行してもらっているだけにすぎません。

では、この個人輸入の代行と呼ばれるサービスは一体どのようなサービスなのでしょうか?

 

実際に、個人輸入を行おうと考えた場合、輸入先である海外の製薬会社と連絡を取り合い、輸入したい旨を伝え、実際に輸入を行う必要があります。

当然、直接海外の製薬会社が輸入を承っていない場合もあるわけですから、その点には注意です。

もちろん、海外の製薬会社とのやり取りには英語や現地の言葉でやりとりを行う必要が出てきます。

日本では、英語ができるという人は世界的に見ても少ない方であるのでこの時点で脱落してしまうという人は少なくありません。

さらに、輸入先の国が英語が通じなかった場合は、輸入先の国の言葉でのやりとりになるので更にやりとりができる可能性は下がります。

 

個人輸入の代行サービスを利用した場合は、こうした現地とのやり取りも輸入希望者に変わって全て行ってくれるので、サービスを利用する人が英語や現地語が全く分からなくても問題ありません。

 

個人で輸入する場合、言葉の問題をクリアした後に待っているのが、法律の問題です。

日本でも、個人輸入できない医薬品というのが法律で決まっていますし、当然海外の国でも輸出してはいけない薬といったようなものも決まっている可能性があります。

そうした海外の法律なども把握した上で、法律に触れないようにする必要があるわけです。

このことから個人で輸入する場合は、法律についての理解も必要になるわけですから、個人輸入を利用するためにはとてつもない苦労が伴っていたのです。

 

しかし、個人輸入代行を利用すれば、こうした法律の問題に関しても全て解消してくれます。

そのため、安心して海外から医薬品を輸入することができるわけです。

 

ルネスタジェネリックを通販で購入する

ルネスタジェネリックの箱超短時間型の睡眠薬として登場したルネスタのジェネリック医薬品は、副作用も小さく比較的安心して服用できる睡眠薬の一つと言えます。

当然、医薬品であることには変わりないので、用法用量を守る必要はありますし不眠のタイプによっては効果を発揮しません。

しkさい、自分に適した睡眠薬である場合は、安価で効果も高いので最適です。

 

ルネスタジェネリックの購入はこちら