通販で買えるルネスタジェネリックのジェネリックって?

新薬とジェネリックのイメージ睡眠薬であるルネスタジェネリック。

そもそも、このジェネリック医薬品について全く理解がないという人もいます。

 

ここでは、そんなジェネリック医薬品について紹介していきます。

 

そもそも、このジェネリック医薬品というのは、日本では後発医薬品といったような呼ばれ方をする医薬品になります。

それに対して先発医薬品というのもあります。

ルネスタジェネリックの場合は、ルネスタというのが先発医薬品があって、そのジェネリック医薬品がルネスタジェネリックとなるわけです。

そして、この先発医薬品と後発医薬品の違いというのは、基本的にありません。

違いというのは、発売された時期が違います。

 

この医薬品というのは、最初に作られて承認を受けたものが先発医薬品となります。

先発医薬品には、数年間もの特許期間が与えられます。

その期間は、他の製薬会社が同じ成分で同様の効果を持った薬を作ることは許されていません。

ですから、特許期間中はジェネリック医薬品を作ることはできないわけです。

しかし、特許が切れた後は、新薬を開発した製薬会社とは違う製薬会社も、新薬を参考にして同じ成分、同じ製法で同じ効果を期待できる医薬品を作ることができるようになります。

この別の製薬会社が作った同じ成分で同じ効果を期待できる医薬品というのがジェネリック医薬品(後発医薬品)となるわけです。

 

 

先発医薬品に特許期間が設けられている理由って?

そもそも、先発医薬品にはなぜ特許期間が設けられているのでしょうか?

その理由は非常に単純です。

特許がなかった場合、新薬を開発した製薬会社と別の製薬会社が新薬を参考に研究開発を行うことで、費用をかけずにジェネリック医薬品を製造、販売することができます。

 

新薬の開発には、数十億円もの開発費、数年間もの開発期間が必要になります。

そうした莫大な費用や開発期間をかけても、必ず販売できる形になるとも限りません。

 

莫大な費用や期間をかけてやっと作った医薬品なのに、全く同じ成分、同じ効果が期待できる医薬品を他の製薬会社から販売されてしまうと商売になりません。

そのため、特許期間が認められその期間は独占的に販売できるようになるので、かかった研究費用などを回収できるよう担っているわけです。

 

特許が切れた後に販売されるジェネリック医薬品は、既に完成された医薬品の研究を行って作られるわけですから、研究にかかる費用は小さく、研究期間もはるかに短くなります。

そのため、ジェネリック医薬品は開発にかかるコストが非常に小さいため、新薬よりも安価で販売することができるわけです。

 

 

ジェネリック医薬品も当然、新薬と同様に承認を受けてからでしか販売することができないため、特許期間が終わってから製造されたジェネリック医薬品が日本ではまだ承認が降りていないといったケースも出てくるわけです。

 

ジェネリック医薬品は、安価なので既に先発医薬品を使っているという人でも、ジェネリックを探してみるとあったりする可能性もありますし、ジェネリックがある場合はそちらを使えば、今かかっている治療薬の費用を大きく抑えることができます。

 

ルネスタジェネリックを通販で購入する

ルネスタジェネリックの箱超短時間型の睡眠薬として登場したルネスタのジェネリック医薬品は、副作用も小さく比較的安心して服用できる睡眠薬の一つと言えます。

当然、医薬品であることには変わりないので、用法用量を守る必要はありますし不眠のタイプによっては効果を発揮しません。

しkさい、自分に適した睡眠薬である場合は、安価で効果も高いので最適です。

 

ルネスタジェネリックの購入はこちら